女性(レディース)の喪服…年代別お勧め商品はコチラ!

失敗したらとんでもないことになってしまう喪服…女性(レディース)

こんにちは、最新の “おすすめ情報” をお伝えする[R★Style]の横山です。

今回は、【喪服 女性】年代別お勧め商品についてリサーチしてみました。

女性の喪服はどこが良いのか迷っている方はどうぞ参考にしてみて下さい。

女性の喪服の昔と今

喪服は、和装では黒紋付、洋装ならば黒色が正式というのが通例となっていますが、かつて、日本では白色だった時代があり、現代でも白の喪服は、地域により現存しています。

当初、日本人の女性が身にまとった初の喪の服は、麻などの布を染めない白い服でしたが、平安時代になると黒を着る法律が制定されました。

特に、貴族のいる宮中では、濃い炭の色が悲しみの深さを表す色として黒色の喪の服が広まりましたが、庶民の間では、明治時代まで白色の喪の服が一般的でした。

それから、黒い喪服が一般的となったのは明治以降であり、一説によると日露戦争で死者が激化し、白が間に合わなくなったという説や、戦争によって弔いの儀式が増え、白い服では汚れが目立つことから、黒が慣例化したとも言われています。

また、明治天皇崩御の後、殉死した乃木大将の葬儀に参列した各国要人たちの服装が黒であったことも影響を及ぼしたともいわれていますが、戦後、女性も黒が主流となるなか、白を常識とする考え方の家も一部残っています。

そのため一部に限ってですが、喪服は黒色だけでなく、白服も準備することが相手方への敬意ともみなされています。

このように、白から黒へと移行した日本女性の喪服は、時代背景も大きく関ってはいますが、亡くなった人への哀悼を表す身だしなみの心は、今も昔も変わらないといえるでしょう。

女性の喪服を選ぶ時の注意点

冠婚葬祭で着用する服は礼服といいますが、黒い礼服であれば結婚式でもお葬式でも着ていけると思っている方が多いのではないでしょうか。

女性の場合は両方同じ服装で行くのは、基本的にはダメなんですよ。

黒い服と言っても、いろいろな種類のものがあり、慶事用と弔事用に分かれているので、弔事であれば喪服を準備しておかなければなりません。

結婚式はだいぶ前から予定が決まっているので、服装の準備に慌てることはないと思いますが、お通夜やお葬式は予測不能なことが多いので、喪服は事前に準備しておくのがベター。

頻繁に着るものではなく、一度購入すると簡単に買い替えるものではありませんから、しっかり自分に合ったものを選びたいですよね。

それではどういった喪服を女性は選べばいいのか、具体的にご説明いたします。


女性の喪服選びのポイントとして最も重要なのは「生地」です。

上質な生地が好ましいのですが、特に生地は「濃い黒」を選びましょう。

一言で「黒」といっても色々あります。

喪服では深く濃い「漆黒」と呼ばれるものが好まれるんです。

一般に喪服として販売されているものでも、比べてみると全然違う黒ということがよくあります。

実際お葬式に行ってみると、参列者が全員黒い服装なので、黒さの濃淡はすぐわかるんですよ。

薄い黒だと、漆黒の喪服の横に並ぶとグレーがかって見えることもあるので、必ず漆黒の深い黒を選ぶようにしましょう。


続いて夏用と冬用についてですが、2着もそろえるのはコストがかかりますよね。

最近オールシーズン用が増えていて、実は今これがとても人気なんですよ。

オールシーズンでは、夏の暑さでも着られるかが心配になりますよね。

お葬式では屋外に立っていることも多いため、冷房のないところで黒い喪服というのは、とにかく暑いものです。

しかし最近のオールシーズンは、消臭や抗菌など発汗対策がしっかり施されているものもあるんですよ。

年々夏の猛暑が厳しくなっていますから、こうした対策は助かりますね。


また予備知識として、喪服の3つの格をご紹介いたします。

・「正喪服」

・「準喪服」

・「略喪服」

これらの服装については、弔事の種類や出席する時の立場によって異なります。

「正喪服」は喪主や親族が着用するもので、シンプルなデザインになります。

「準喪服」とは喪主や親族に加えて、一般の参列者が着用するもの。

正と準との違いは、ファッション性があり流行が取り入れられているかどうかがポイントになります。

正であればデザイン性がない地味でシンプルなもので、準はサテンやシフォンなどの素材が一部あしらわれるようなデザイン性のあるものです。

最後に「略喪服」ですが、急なお通夜や法要などで一般参列者が着用する地味な洋服のことです。

黒やグレーの地味なワンピース・アンサンブル・スーツなどを指します。

特に急な訃報で駆けつけるお通夜では、この略でも大丈夫なんですよ。

女性の喪服のマナー…NG集

女性の喪を表すレディースのセレモニースーツでは、現代では黒色がマナーの基本であり、礼を失した派手な服装や、肌を見せる服装はNGです。

正喪服は、ワンピース、スーツ、アンサンブルなどシンプルなデザインとし、季節を問わず光沢があるものはNGとなります。

お悔やみのレディースの服装として、胸元が開いた服装や半そではNGで、詰った襟元と長袖が原則ですが、夏であれば、6~7分丈でもOKとなります。

また喪服の場合、女性のスカート丈は膝上はNGで、膝丈からくるぶし丈までの長めのものを選ぶようにします。

パンツスタイルに関しては、ひと昔前までは敬遠されましたが、今の時代であればパンツの着用は問題ないでしょう。

そしてバッグは、派手な金具やエナメル、クロコダイルなどはタブーでありNGなので気をつけるようにしましょう。

正式には、黒色で目立つ飾りがなく、光沢も無い布製がOKで、数珠、袱紗程度が入る大きさのものがお勧めです。

また、ストッキングも黒が基本であり、素足はNG、靴は、エナメルや光沢はNGであり、黒の光沢が無いパンプスが最適となります。

さらに、アクセサリーは、白や黒のパールの一連はOKですが、二重、二連のネックレス、派手なネックレスはNGであり、指輪や時計も控えめにしましょう。

冬場のコートは、基本は黒が正式なコートであり、毛皮のコートや皮製品などの場合、特に仏教に於いては、大きなNGとなるので注意が必要です。

なお、スカーフやハンカチなどの小物も柄物はNGで、基本的に白いハンカチを用意するようにしてください。


それではここまで挙げたポイントを押さえて、ネット販売でおすすめする女性の喪服を年代別にご紹介いたします。

どうぞ参考にしてください。

20代~30代の女性にお勧めの喪服

■クローバーリーフカラーアンサンブル

20代~30代の女性にお勧めの喪服「クローバーリーフカラーアンサンブル」は、若々しい雰囲気をもった女性のための喪服です。

ジャケット中央の大きなリボンがポイントで、ウエスト周りにサテンラインが入っているので、ウエストのくびれ効果があります。

ワンピースはランドネックで、ハイウエストからAラインが広がっているので、フェミニンな雰囲気に仕上がっています。

20代前半の方にもとても似合うと思いますよ。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:5号~21号 ※小柄サイズ有

◆価格:15,822円(税込)

女性の喪服【クローバーリーフカラーアンサンブル】はコチラへ

■クロスラインアンサンブル

ジャケットには十字クロスのサテンラインが施され、思わず目を引きます。

首元はスクエアネックになっているので、さらに縦と横のラインと共に引き締まった印象を作り、かつ知的な雰囲気に仕上がっています。

ワンピースは女性らしいラウンドネックで、ハイウエストからのAラインなので、「クロスラインアンサンブル」は可愛らしさをアピール。

大学生から社会人まで幅広く着用できますよ。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:5号~15号 ※小柄サイズ有

◆価格:19,818円(税込)

女性の喪服【クロスラインアンサンブル】はコチラへ

30代~40代の女性にお勧めの喪服

■ラウンディッシュテーラードスーツ

「ラウンディッシュテーラードスーツ」はシンプルな定番スタイルの30代~40代の女性にお勧めの喪服です。

ジャケットのテーラードは丸みがあるので、全体的に柔らかく優しい印象に見えます。

1つボタンを閉めると、ウエストが細く見える効果が。

ワンピースはウエストにリボンがついてアクセントになり、Aラインに広がるシルエットがとても美しいです。


個性的なものよりオーソドックスなものがいいという方におすすめです。



◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:5号~25号 ※小柄サイズ有

◆価格:10,000円(税込)

女性の喪服【ラウンディッシュテーラードスーツ】はコチラへ

■ノーカラーサテンラインアンサンブル

ジャケットの首元がノーカラーで、サテンラインが施されているので、スッキリとした印象に。

ワンピースは袖がシースルーになっていて、シフォンの形なのでとても女性らしく、かつ可愛らしさがあります。

ウエストにもサテンラインが入っているので、くびれ効果も。

大人の上品な雰囲気に仕上がっています。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:5号~19号 ※小柄サイズ有

◆価格:10,000円(税込)

女性の喪服【ノーカラーサテンラインアンサンブル】はコチラへ

40代~50代の女性にお勧めの喪服

■ラウンドカラーアンサンブル

女性らしさをアピールしたい40代~50代の女性におすすめしたい喪服が「ラウンドカラーアンサンブル」。

ジャケットはボレロタイプで、ラウンドカラーにくるみボタンが施されているのでとてもフェミニンな雰囲気になっています。

ワンピースはスクエアネックでボックス型のスカートなので、引き締まった印象に見えます。

ハイウエストなので、足長に見えますよ。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:5号~15号 ※小柄サイズ有

◆価格:18,738円(税込)

女性の喪服【ラウンドカラーアンサンブル】はコチラへ

■ノーカラーアンサンブル

シンプルなデザインがお好みの方におすすめするのが「ノーカラーアンサンブル」。

ジャケットはノーカラーでサテンラインが施されているので、スッキリとした印象の喪服ではないでしょうか。

ワンピースはランドネックでボックス型スカートなので、フェミニンがお好きでない方に向いています。

全体的にしっとり上品な、大人の女性という雰囲気になります。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:5号~21号 ※小柄サイズ有

◆価格:10,000円(税込)

女性の喪服【ノーカラーサテンラインアンサンブル】はコチラへ

50代~の女性にお勧めの喪服

■前開きショールカラーアンサンブル

50代~の女性にお勧めの喪服「前開きショールカラーアンサンブル」は定番スタイルの喪服です。

ジャケットは丸みのあるショールカラーで、胸元で美しいVラインを作っています。

ワンピースは前開きタイプなので、忙しい時でも脱ぎ着がとても楽にできますよ。

またワンピースは上下セパレートに見えるため、夏場に一枚できてもフォーマル感があります。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:7号~21号 

◆価格:28,404円(税込)

女性の喪服【前開きショールカラーアンサンブル】はコチラへ

■ノーカラーロングスカートアンサンブル

「ノーカラーロングスカートアンサンブル」はかなり個性派タイプをした喪服です。

ジャケットのノーカラーは独特なラインで知的さをアピール。

またフロント部分の1つボタンは、シルバーと黒の二種類付いています。

生地は凹凸で模様があり、とても高級感があるので、ワンランク上に仕上がっています。

スカートはワンピースではなく、長めのタイトスカートですが、スリットが入っているので歩きやすいですよ。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:9号~19号

◆価格:19,062円(税込)

女性の喪服【ノーカラーロングスカートアンサンブル】はコチラへ

女性の喪服…大きいサイズ

■マオカラー4つボタンアンサンブル

「マオカラー4つボタンアンサンブル」は女性の喪服で大きいサイズに対応したものになります。

ジャケットの襟は立っているので、首元がスッキリ見えます。

中央の大きな4つのボタンがアクセントになり、女性らしい印象に仕上がっています。

ワンピースは広がりすぎないラインなので、シンプルでとても綺麗ですよ。


◆素材:ポリエステル100%

◆サイズ:15号~25号

◆価格:24,840円(税込)

喪服 レディース 大きいサイズ【マオカラー4つボタンアンサンブルはコチラへ】

女性の喪服なら【メアリーココ】がおススメ!

今回はレディースフォーマル専門の通販サイト『メアリーココ』の商品をご紹介いたしました。

『メアリーココ』はネット販売を中心に展開しているショップですが、他のネットショップと違って、品質・デザイン・サービス・価格のどれをとっても素晴らしいんですよ。

まず『メアリーココ』の喪服の品質・デザインについてですが、

・「美しいシルエット」

・「上質な素材」

・「着心地がいい」

・「オールシーズン対応」

といった特長があります。

デザインは前からも見ても、後ろから見ても、スタイルが良くみえるラインとなるように作られているので、どんな体形の人が着ても、不思議と美しくみえるんですよ。

生地は大手生地商社と連携し上質で高級感のあるものを厳選して使用しています。

また喪服の生命線である「漆黒」には特にこだわりがあり、美しくより深い黒に仕上がっているので、まわりにいる方の黒と比較しても劣ることはありません。

ほとんどの喪服はオールシーズン対応なので、暑い夏でも安心です。


続いて『メアリーココ』のサービスについてですが次のような特長があります。

・「補正サービスがある」

・「試着サービスがある」

・「配送がスピーディー対応」

まずネットショップなのに「補正サービス」に対応しているというのが驚きですよね。

袖丈、着丈、裾上げなどをやってくれるので、もしサイズが合わなかった場合でも心配ありません。

買ったところで直してもらえるというのは、綺麗に仕上がるので安心できますね。

また「試着サービス」というのも他のネットショップではあまりないと思います。

気になる商品を2点注文して、商品が届いて試着してからどちらか合わない方を返送することで、試着ができるようになっているんですよ。

たとえばサイズが不安な場合に、同じ商品でサイズ違いを2つ注文できるので、自分にピッタリなものが買えるんですね。

これはネットショップの中では画期的なサービスです。


それから「配送サービス」がとてもスピーディ対応。

土日営業はもちろん、午前中の注文はすべて当日発送してくれので、早い地域であれば翌日には到着するんですよ。

これなら急なお葬式でも間に合いますね。


最後に『メアリーココ』のお値段ですが、こちらがとてもリーズナブル。

安いものだと1万円からご用意されていますから、お手頃価格で嬉しいですね。

デパートの女性喪服は、だいたい10万円前後するものばかりで、ちょっと手が出しにくいと思いませんか。

しかし『メアリーココ』ではデパートの半額以下のお値段で買えるので、とても経済的なんです。

このように『メアリーココ』はネットショップでありながら、実店舗と変わらぬサービスを提供しているので、とてもおすすめのネットショップなんですよ。


■小柄サイズと標準サイズの違い

小柄な女性に朗報です!

『メアリーココ』では多くの商品で通常より「着丈・袖丈」が4センチ短い、小柄サイズを用意しているんですよ。

小柄な女性は既製品を選ぶとき、サイズが合わなかったり、デザインが大振りで、買うのを諦めることが多いと思います。

しかし『メアリーココ』では小柄サイズが充実しているので、自分にピッタリのものを選ぶことができるんです。

このように『メアリーココ』は喪服を買う女性の立場になって、商品サービスを提供しているので、安心して買うことができるんですよ。

デザインも豊富なので、自分が気に入ったものが必ず見つかるはず。

みなさんも是非一度『メアリーココ』で喪服を選んでみてはいかがですか?


公式サイト

【メアリーココ】レディースのブラックフォーマル



■LINK■
  • 喪服 女性 マナー
    お通夜・お葬式の服装・喪服のマナー(女性編)|ベルメゾン 暮らしのコラム
  • 喪服 靴
    葬儀で履いていい靴、ダメな靴。喪服に合う色やデザインは? | 終活・お葬式のことなら終活メディア
  • 喪服 レンタル
    礼服レンタルコムは、16時までのご注文で即日発送できるスピーディーな喪服のレンタルサービスです。
  • 喪服 女性 青山
    レディース フォーマル・礼服 | レディース | 洋服の青山【公式通販】
  • 喪服 着物
    着物の喪服【葵】はとてもリーズナブルなお値段で購入できます。
  • 喪服レディース
    レディースの喪服を比較|人気デザインのお勧めはコチラ♪